矯正装置を見られたくない人は裏側矯正で歯を整えよう

歯

裏側につけるメリット

院内

歯の噛み合わせや凸凹な並びを綺麗にする方法というのが歯列矯正です。矯正というと多くの人は歯を見せたときにワイヤーや装置が見えるものを想像するでしょう。多くの歯医者で用いられているその矯正方法は金属ブラケットと呼ばれています。歯の1つ1つにブラケットという金属の装置を取り付け、それにワイヤーを通して歯の位置を調整していくというものです。ただ、この金属ブラケット矯正は笑ったときや食べているときに人から装置を見られてしまうという特徴があります。矯正をしている人の中には、この矯正装置を見せたくないと感じる人もたくさんいるのです。そんな見られずに矯正を行ないたい人におすすめなのが裏側矯正です。これもブラケットやワイヤーを使った矯正方法なのですが、取り付ける場所が歯の表ではなく舌が当たる裏側になります。他の人からは見えにくい歯の裏側に矯正装置を取り付けることで見た目を気にせずに矯正をすることができるのです。さらに、裏側矯正は表側の矯正と比べて虫歯のリスクを少なくすることもできるのです。歯の表に矯正装置をつけると凸凹していて歯ブラシが上手く当たらなくなってしまい、虫歯になる確率が増えてしまいます。しかし、裏側矯正の場合は唾液の多い歯の内側部分に装置がつけられているため唾液によって虫歯が抑制されるのです。また、裏側矯正なら楽器を演奏するときに装置とぶつかる心配も少なくなります。音楽活動を続けながら矯正治療を行なうという人にも向いている方法なのです。

クリーニングで白くする

歯

色のつきやすい食べ物や飲み物や飲み物好きな人の歯は黄色くなってしまいます。黄ばみを落とすために神田にある歯医者ではPMTCというクリーニングをすることができます。機械を使って磨くことで白くできるのです。

もっと読む

状態に合わせた矯正方法

歯型

川口にある歯医者では自分の歯の状態に合わせた矯正方法を教えてくれます。一般的なワイヤーを使う方法以外にもマウスピース矯正やダイレクトボンディング法などがあるのです。

もっと読む

入れ歯より安定している

歯型

入れ歯で悩んでいることがあるのなら、姫路市の歯科で相談するといいでしょう。そこでは入れ歯の変わりにインプラントを入れるという選択肢を選ぶこともできます。インプラントなら自分の歯と変わりない感覚で物が噛めます。

もっと読む